創部4年目の沖縄国際大が再び旋風を巻き起こした。4~6日、京都府のキョーイチボウル宇治で行われたボウリングの第59回全日本大学選手権大会で、昨年2位の男子は5人チーム戦(1人15ゲーム)で1万5552点を挙げて優勝、昨年初出場で優勝した女子は2人チーム戦(同)で6032点で準優勝した。

(参照)沖国男子、ボウリングV 女子は準優勝

 男子は個人のアベレージで西島本有生の4位を筆頭に、出場した6人全員が30位以内に入った。チーム戦は1回戦こそ6位と出遅れたが、2回戦でトップに立ち、そのまま逃げ切った。...