【東京】防衛省は7日、沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、軟弱地盤改良に伴って沖縄防衛局が提出していた設計変更申請を県が不承認としたことを受け、行政不服審査法に基づき国土交通相に審査請求したと発表した。再び法廷闘争に発展する可能性が高く、政府と県の対立激化は必至だ。

防衛省(資料写真)

 玉城デニー知事は同日、国が審査請求するとの情報を受け、県庁で記者団に「詳細について担当課からしっかりとした報告を受けたい」と述べるにとどめた。