中日からドラフト1位で指名された上武大のブライト健太外野手(22)=184センチ、84キロ、右投げ右打ち=が7日、群馬県高崎市で入団交渉し、契約金1億円、年俸1600万円で合意した。高い身体能力が武器で「球界を代表する選手になりたい。現状ではまだまだだと自覚しているので、まずはしっかり体をつくりたい」と足元を見詰めた。

 中日との入団交渉を終え、球団マスコットのぬいぐるみを手にポーズをとる上武大のブライト健太=7日、群馬県高崎市

 ヤクルトの村上ら、既にプロで活躍している同世代の選手もいる。ブライトが注目されたのは大学4年になってからと遅かっただけに「意識はする。自分は高校時代無名だったので、負けたくない気持ちはある」と闘志を燃やした。(金額は推定)(共同通信)