沖縄県の玉城デニー知事は7日、沖縄県名護市辺野古の新基地建設で、県が埋め立て変更承認申請を不承認としたことに対し、沖縄防衛局が行政不服審査法に基づき国土交通相に審査請求したことに反発した。「国土交通相は内閣の一員として辺野古新基地建設を推進する立場にあり、審査庁として公平公正な判断を行うことは事実上不可能」と述べた。

辺野古新基地建設で県に対抗して防衛省が審査請求したことに抗議する沖縄県の玉城デニー知事=7日、沖縄県庁

 知事は審査請求に関し「国と地方を対等協力の関係とする地方自治の保障の観点から極めて、重大な問題」と指摘。今後の対応については、審査請求の内容を精査して県の主張を展開していくとした。

 県庁で記者団に答えた。