【東京】防衛省は7日、名護市辺野古の新基地建設を巡り、軟弱地盤改良に伴って沖縄防衛局が提出した設計変更申請を県が不承認としたことを受け、行政不服審査法(行審法)に基づき国土交通相に審査請求した。同省の申し立てを踏まえ、国交相が県の判断を審査。国側の主張が認められれば不承認が取り消される。