【東京】松野博一官房長官は7日の記者会見で、名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄防衛局が県の変更申請不承認を不服として、国土交通相に審査請求した件に関し「公有水面埋立法を所管する国交相において、法に従ってなされる手続きを見守っていきたい」と述べた。

松野博一官房長官

 行政不服審査法に基づく審査請求は、不当な行政処分から国民を救済する目的の制度。

 辺野古を推進する同一内閣の中での審査は「公平性に欠ける」との批判があることについて、松野氏は「国交相において法律に従って手続きがなされる」と言及を避けた。

 岸田内閣が政権運営で「対話」を重視する中、辺野古を巡って食い違う県側の意見を聞く考えがあるかを問われ、松野氏は「この案件は行政上の問題だ」と述べるにとどめた。