競泳男子の松元克央(セントラルスポーツ)が、25メートルプールで争う世界短水路選手権(16~21日・アブダビ)を欠場することになった。7日、鈴木陽二コーチが明らかにした。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の影響を考慮した。日本勢は瀬戸大也(TEAM DAIYA)のみ出場する。