岸田文雄首相は8日、衆院本会議での代表質問で、安定的な皇位継承策に向け、皇族数確保策2案を軸とする報告書の骨子案をまとめた政府の有識者会議に関し「議論は丁寧に重ねられてきている。引き続き議論を見守る」と述べた。有識者会議は報告書の年内取りまとめを目指している。

 立憲民主党の西村智奈美幹事長は、骨子案に関し「国会付帯決議で検討を求めた女性宮家創設につながるのか。女性・女系天皇の在り方も含めた検討を行うべきだ」とも質問。首相は「具体的な内容について、私の考えを述べることは控えたい」との答弁にとどめた。(共同通信)