[リポート’21 名護発] 沖縄県名護市の県立北部農林高等学校後援会(宮城博理事長)が、大学に進学した卒業生らに給付している奨学金の累計が本年度で1億円を超えた。やんばるの地から臆することなく世界に羽ばたいてほしいと15年前に創設された制度。先輩たちの物心両面の思いが形になっている。