HIVやエイズに関する正しい知識を広め、適切な治療を受けられるようサポートする「沖縄県感染症診療ネットワークコーディネーター」として本年度から、新里尚美さん(38)が奔走している。医療機関でエイズ患者を支援した前職時代、エイズに対する社会の根深い差別や偏見を痛感。