名護市辺野古の新基地建設で県が設計変更申請を不承認としたことを受け、防衛省が対抗措置として行政不服審査法に基づき国土交通相に審査請求した理由の全容が8日、分かった。設計変更は軟弱地盤を改良する上で「必要性が極めて高く、相当性も十分に認められる」と主張。また県が不承認の根拠とした埋め立ての必要性などはそもそも審査事項に...