沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、軟弱地盤改良に伴う設計変更申請で、県が不承認と判断し、政府が対抗措置に打って出た。変更内容について政府と県の意見の隔たりは大きく、先行きは不透明だ。それぞれの主張をまとめた。