立憲民主党の馬淵澄夫国対委員長は8日、共産、社民両党と定期開催してきた野党国対委員長会談を、今後開催しない方針を国会内で記者団に明らかにした。両党とはそれぞれ個別に対応する。一方、社民は野党国対委員長会談の定期開催を続けるよう要望した。国民民主党が11月初めに離脱を表明し、3党になっていた。