自民党の茂木敏充幹事長は8日、連合の芳野友子会長と党本部で会談した。「考え方は違うところもあるが、できることは一緒にしましょう」と協力を呼び掛けた。岸田政権の経済政策を巡り「賃上げ税制に取り組んでいる」とも紹介。分厚い中間層の再構築や、女性政策を推進する意向を伝えた。党関係者らが明らかにした。