日本サッカー協会が8日に開いた技術委員会で、2024年パリ五輪出場を狙う男子の日本代表監督に元J1鹿島監督の大岩剛氏(49)を推挙する方針を固めたことが関係者の話で分かった。16日の理事会で正式決定する。  元日本代表DFの大岩氏は名古屋、磐田、鹿島で活躍し、10年限りで引退。