ニコルソン米四軍調整官が県内米軍基地での深夜・早朝の離着陸は「運用上やむを得ない」との認識を示したことは、日米の騒音規制措置(騒音防止協定)が米側に何ら拘束力を持たないことを、図らずも浮き彫りにした。