オリオンビール(村野一社長)は14日から、沖縄県読谷(よみたん)村内で先進技術を活用したイチゴ栽培などに取り組むMHCトリプルウィンが生産したイチゴ「Berry Moon(ベリームーン)」を使った「ワッタ いちごスパークリング」を数量限定で発売する。

14日発売の「ワッタ いちごスパークリング」とよみたんブランドの認定証を手にPRする関係者ら=9日、読谷村内

 昨年12月に販売した同商品が好評だったことから、増産して再販する。店頭想定価格は170円(税別)。

 アルコール度数は5%で350ミリリットル。華やかなイチゴの香りと甘酸っぱい味わいは昨年の商品そのままに、透明だった液色を天然色素でピンク色に改良し、イチゴ感を引き立てた。

 MHCトリプルウィンがつくるイチゴは、12月から読谷村の特産品などを認定する「よみたんブランド」に登録された。認定証を受け取った長部晃典沖縄事業所所長は「沖縄に来てはや5年、これまでイチゴ作りに励んできた。『よみたんブランド』を生かし、村外、県外にもベリームーンを発信したい」と喜んだ。