整形外科には、児童のスポーツ障害者が来院します。昔から、野球では肩肘を痛める子どもたちが来院します。競技人口も多いせいで、1998年日本臨床スポーツ医学会の編集で野球障害予防ガイドラインの本ができました。 その中で、少年野球への提言としては、まず野球肘の予防として投球制限が書いてあります。