名護市辺野古の新基地建設で、埋め立て土砂の投入が始まって14日で3年となる。沖縄防衛局が工事を進める辺野古側海域に投入した埋め立て土砂量は10月末時点で168万立方メートル。