県市長会の桑江朝千夫会長(沖縄市長)は13日、県庁で謝花喜一郎副知事と面談し軽石や新型コロナウイルス対策への支援強化と、国に対し子ども医療費助成導入に伴う国民健康保険(国保)の国庫負担金の減額措置の廃止を働き掛けるよう求めた。謝花氏は「全庁挙げて取り組みたい」と述べた。