#復帰検定~オキナワココカラ

「もう二度と建てられない沖縄の宝」劣化進む那覇市民会館 日本復帰前後の建築ラッシュ 思わぬ塩害

2021年12月16日 08:30

 1970年代。日本復帰を前後して県内ではホテルや公共施設などの建築ラッシュが到来した。急速なニーズの高まりに人手や建築資材が不足する中、コンクリートの材料として使われたのが塩抜きが不十分な「海砂」だ。その結果、復帰から数十年後、県内各地のコンクリート建築物が塩害で剥落する事故が発生している。

復帰記念式典が執り行われた那覇市民会館大ホール。天井や壁の角度、凹凸にもこだわり、音響効果を高める工夫を随所に取り入れたと話す崎浜国繁さん=7日、那覇市

復帰記念式典が執り行われた大ホール

入口からロビー、大ホールへと続く動線は、来場者の気分の高揚も計算に入れて設計された

北側に面した壁や柱が特に損傷が激しく、コンクリートの落下やひび割れなどが目立つ

職人が石を切り出す時に削った傷跡をアクセントに生かした石積みの壁

2016年10月に休館した那覇市民会館

大道具搬入口の壁一面に施された不均衡な凹凸の段差が、見る角度によって表情を変化させる

フィナーレは山中貞則総務長官(当時)の音頭で万歳三唱した参加者=1972年5月15日、那覇市民会館

降りしきる雨の中、約1万人が結集した5・15県民総決起大会。奥に見えるのが那覇市民会館=1972年5月15日、那覇市・与儀公園

復帰記念式典が執り行われた那覇市民会館大ホール。天井や壁の角度、凹凸にもこだわり、音響効果を高める工夫を随所に取り入れたと話す崎浜国繁さん=7日、那覇市 復帰記念式典が執り行われた大ホール 入口からロビー、大ホールへと続く動線は、来場者の気分の高揚も計算に入れて設計された 北側に面した壁や柱が特に損傷が激しく、コンクリートの落下やひび割れなどが目立つ 職人が石を切り出す時に削った傷跡をアクセントに生かした石積みの壁 2016年10月に休館した那覇市民会館 大道具搬入口の壁一面に施された不均衡な凹凸の段差が、見る角度によって表情を変化させる フィナーレは山中貞則総務長官(当時)の音頭で万歳三唱した参加者=1972年5月15日、那覇市民会館 降りしきる雨の中、約1万人が結集した5・15県民総決起大会。奥に見えるのが那覇市民会館=1972年5月15日、那覇市・与儀公園

 今から約50年前に日本復帰記念式典が開かれた那覇市寄宮の「那覇市民会館」もその一つ。沖縄が日本に復帰する2年前の70年に建設された。「文化の殿堂」として多くの式典や催し物が開かれたが、塩害などによる激しい劣化のため2016年10月に休館を余儀なくされた。

 安全性に配慮し館内の一般立ち入りが禁止されている市民会館に7日、同館の設計に携わった崎浜国繁さん(77)=那覇市=と共に入った。沖縄の歴史のターニングポイントとなった場所は今も「復帰」に込めた人々の息づかいをたたえていた。(社会部・玉城日向子)

◆沖縄復帰前後の建築ラッシュ支えた海砂 十数年後に塩害

 足元も見えないほど真っ暗な那覇市民会館に一歩入ると、ツーンとほこりっぽいにおいが鼻をかすめた。屋敷を覆う石垣として使われた「ひんぷん」には黒いコケが生えている。床のタイルは所々剥がれ、コンクリートがむき出しになっている所もあった。劣化のため2016年10月から休館している同館。昨年4月に沖縄タイムスに入社したばかりの私は今年12月、記者として初めて那覇市民会館を訪れた。

◆外壁や柱に1メートル超の亀裂

 館内の時計は主電源が切られた「6時13分」を指して止まっていた。車両が途切れることのない那覇市の幹線道路に接して建つが、外の喧騒(けんそう)は全く聞こえない。まるで5年前から時が止まったかのようだった。

 「海砂で、建物がもう大変になっている」。那覇市民会館の設計に携わった崎浜国繁さん(77)がため息をついた。崎浜さんもこの日、休館以来、初めて館内に入ったという。

 会館の北側、那覇市立中央図書館に近い外壁や柱には、長さ1メートル超の亀裂が至る所にあり、今にも崩れ落ちそうだ。外壁が下に落ちるのを防ぐため頭上に張られた二重のフェンスは、天井から剥落したコンクリートで埋め尽くされていた。

◆塩抜きが不十分だった当時の海砂

 復帰前後の沖縄は、1975年に開催された「沖縄国際海洋博覧会」を見据えた観光客の受け入れ準備や、急速な経済成長に伴い、建築ラッシュが続いた。

 資源が少ない沖縄では、以前からコンクリートの材料として海砂を使用していた。しかしこの時期は、短期間で多くの建物を造るため、塩抜きが不十分な海砂があちらこちらで使われたという。

 崎浜さんによると当時は海砂による塩害について十分な考慮がなかった。リスクが認識されたのは復帰から約10年がたった頃。建物の塩分試験が県内に導入された。

 50年がたった市民会館は、塩害の影響を如実に語っていた。崎浜さんは、崩れたコンクリートに触れながら「痛々しいね」と寂しそうに何度も繰り返した。

 復帰前の沖縄にはパブリックホールとなる施設が少なく、市民会館の建設は県民にとって「悲願」だったという。

 1967年に那覇市は県内七つの設計事務所を対象にコンペを実施。1位に選ばれた現代建築設計事務所の案を基に造られた。同事務所で働いていた崎浜さんは、市民会館の設計図の図面引きなどを担当した。

◆沖縄の伝統 現代建築にいかす

 事務所が考案したテーマは「沖縄の風土に根差した建築」-。

 軒を深くとった雨端(あまはじ)の空間や「ひんぷん」といった、沖縄の古民家の造りをふんだんに取り入れた。

 建築資材も県産にこだわった。屋根に使用されたのは与那原産の平瓦、内部の壁に壺屋焼のタイルを張り付け、やんばるに群生するシダ植物のヘゴの装飾を天井に施した。

 エントランスや2階に続く内階段は久米島から特別な石材を調達した。「階段は石にして正解だったな」と崎浜さん。頑丈さが特徴という石材でできた階段は、50年経過しても崩れている箇所は見当たらない。

 市民会館の代名詞ともなっている「ひんぷん」は、実は会館の外回りを合わせて計6カ所あることを、私は今回初めて知った。積み方に変化を出すため、外回りのひんぷんには勝連のトラバーチンを使用。中のひんぷんには名護市世冨慶の石材を使ったという。

 木材の型枠にコンクリートを流し込み、壁などに模様付けするなど細部にもこだわった。崎浜さんは「こだわっていない箇所はない」と誇らしげに語る。

◆補修に膨大な金額「惜しいけど仕方ないね」

 「ああ、懐かしい」

 音楽・舞踏・演劇の公演などに使用され、日本復帰記念式典の会場になった大ホールに入った途端、崎浜さんが声を漏らした。

 ホールのこだわりは音響の良さ。天井や壁は一面木材で造られている。「海の波を表現した」(崎浜さん)天井は緩やかな曲線を描く。

 座席の配色をどうするか、設計士らの間で議論を重ねた。当初は真っ赤な布を使用した座席は、約20年後、淡い紫色に変えられた。舞台前からホール全体を見渡した崎浜さんは「壊してしまうのは、本当に惜しい。だけど補修には膨大なお金がかかる…。仕方ないね」。目を赤くして複雑な胸の内を明かした。

 来年、日本復帰50年の節目を迎える沖縄。一方、劣化のため那覇市民会館は取り壊すことが決まっている。崎浜さんは「もう二度と建てられない沖縄の宝。こうした建物があったことを後世につないでほしい」と託した。

沖縄の本土復帰にまつわるエピソードをお寄せください

 日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。復帰と共に歩んだ、とっておきの思い出の「品」や写真の情報も募ります。

 詳しくはこちらから。

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
あなたのナゼにココホル取材班
あなたのナゼにココホル取材班
読者が日頃感じている「ナゼ」を、沖縄タイムス記者が取材して解き明かします。情報をお寄せください。
ベジテーブルブログ
ベジテーブルブログ
野菜宅配サービス「ベジテーブル」。レシピ通りに作れば、おいしくて健康的な料理が短時間で手軽にできちゃいます。
電子パズル「数独」
電子パズル「数独」
毎週日曜日に新しい問題を出題します。有料会員向けサービス。ちょっとしたスキマ時間にスマホやパソコンで頭の体操してみませんか?
Tokyo沖縄めし
Tokyo沖縄めし
東京都を中心に首都圏にある沖縄料理店はおよそ600店。「ちむどんどん」する、心躍る沖縄の味を求めて、こだわりの店を紹介します。
データで捉えるウクライナ危機
データで捉えるウクライナ危機
データで捉えるウクライナ危機。購読は有料会員への登録が必要です。
解説 北朝鮮核・ミサイル設置情報
解説 北朝鮮核・ミサイル設置情報
解説 北朝鮮核・ミサイル設置情報。購読は有料会員への登録が必要です。
沖縄の高校野球 イニング速報
沖縄の高校野球 イニング速報
夏の甲子園への出場権を懸ける「第104回全国高等学校野球選手権沖縄大会」。沖縄タイムスで全試合をイニング速報します。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
NewsVideo
NewsVideo
ニュースをわかりやすく 新聞社の動画で比較
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
沖縄タイムスのイチオシ
沖縄タイムス会社案内デジタル版
沖縄タイムス会社案内デジタル版
最新の会社情報や仕事内容を紹介。社長や若手社員から就活生へのメッセージもあります。
沖縄タイムスのクラウドファンディング「Link-U」のプロジェクト一覧
沖縄タイムスのクラウドファンディング「Link-U」のプロジェクト一覧
問題解決に向けた挑戦を沖縄タイムスの「広報力」で後押しするクラウドファンディングサービス。プロジェクト検索はこちらから。
日刊スポーツも日々多彩
日刊スポーツも日々多彩
フルカラー沖縄タイムスとWでカラーお試しキャンペーン!セットで読んで豪華賞品を当てよう!
「ライトプラン」スタート
「ライトプラン」スタート
得する人生、始めよう!有料記事100本が読み放題。記事閲覧“爆速”体感を。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手4出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
おきなわ終活プラス
おきなわ終活プラス
いざという時の医療・介護、相続・贈与、葬儀、お墓のことなど、沖縄で送る「終活」ライフを応援します。
第15回タイムス地域貢献賞 募集中
第15回タイムス地域貢献賞 募集中
沖縄タイムス社は、草の根的な活動で幅広く貢献している県内の個人・団体・企業を顕彰する「第15回タイムス地域貢献賞」の候補者を募集中です
問題解決型メディア・プラットフォーム「Link-U by OKINAWATIMES」
問題解決型メディア・プラットフォーム「Link-U by OKINAWATIMES」
クラウドファンディングに加え、セミナー・コミュニティー事業を通じ、現状を変えようと挑むすべての「リーダー」たちを後押しします。
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
沖縄タイムス公式動画チャンネル
沖縄タイムス公式動画チャンネル
沖縄特有の動植物や、観光スポット、事件・事故、そして米軍基地問題まで、さまざまな情報を動画でお届けします。