この記録を読みながら、ぼくは何度も天を仰ぎ、そして涙した。本書には、沖縄でキャバクラや「援助交際」という世界で働き、生計を立てている10代から20代の少女たち6人の日常が刻明に記録されている。