東京五輪の大会直前、男子バレーボールのベネズエラ代表ユニホームにプリントされた背番号などが剥がれた。直さないと出場できない。そんなピンチを救ったのが、沖縄市でTシャツなどのプリント業を営む米国出身のマーク・ミラーさん(54)だった。