【沖縄】1987年の第42回国民体育大会(海邦国体)で、高校女子陸上の三重県代表として来県した出口(旧姓柴田)智美さん(51)は、当時の民泊先の夫妻を「沖縄のお父さん、お母さん」と今も慕い、交流を続けている。「34年たった今でも沖縄の人のぬくもりが昨日、今日のように伝わり感動が忘れられない。沖縄大好き」と話し、民泊を引き受けた市高原の城間幸一さん(78)、安子さん(76)夫妻をたびたび訪ねている。

 「ただいま。帰りました」

 6日、出口さんは夫の益男さん(61)、父柴田照春さん(79)、母勝子さん(72)と城間家を訪ね...