沖縄小林流空手古武道協会会長で仲里本部道場の仲里栄昭氏(77)=範士十段=は、70年近い空手人生で、誰にもできない型と自負する鎌術「振り鎌」を編み出した。柄にひもを付けた鎌2丁を両手に持ち、高速で振る姿からは常人離れした集中力がほとばしる。