沖縄市の沖縄こどもの国で18日、イルミネーションイベント「クリスマスファンタジー」(主催・同実行委員会)が始まった。約140万個の電球で彩られた園内で、日本最大級の規模を誇るレーザー光線ショーなどが開かれ、来場者は冬の風物詩を楽しんだ。

降り注ぐ人工の雪に歓声を上げる子どもたち=18日、沖縄市・沖縄こどもの国(田嶋正雄撮影)

 子どもから人気を集めた人工降雪機を使った「雪のゆうえんち」では、かまくらに入ったり、雪ぞりで遊んだりと思い思いに楽しんだ。家族で訪れた林田優和ちゃん(6)=那覇市=は「雪を見るのは初めて。楽しい」と目を輝かせた。友人と訪れた熊野智花さん(17)=那覇市=は「園内全体がきれい」とインスタグラムに投稿する写真をスマートフォンで撮影していた。

 来年1月10日(月)まで(休業日あり)。同イベントホームページで詳細を確認できる。