【台北共同】台湾で18日、民主進歩党(民進党)の蔡英文政権が1月に解禁した米国産豚肉の輸入など4件の是非を問う住民投票が実施され、いずれも蔡政権の政策が信任された。蔡総統は「最良の政策に至った」と投票結果を評価し、最大野党の国民党は敗北を認めた。