日本トランスオーシャン航空(JTA)とJTB沖縄は、本社とは別に出先での作業や隙間時間を生かせるシェアオフィスを活用し、柔軟な働き方を推進している。 JTB沖縄はコロナ禍前からフリーアドレスを導入し、在宅勤務やリモートワークに対応できる職場環境づくりを進めてきた。