沖縄県は20日、「本県において、ヘイトスピーチによる地域社会の深刻な分断は生じていない」との認識を示した。だから対策の条例は踏み込まず、罰則はなくてよい、という論理立てだ。