沖縄県警豊見城署の前花勝彦署長=写真右端=と藤野幸夫生活安全課長は13日、迷子を保護して無事保護者に引き渡せたとして、那覇商業高校2年仲本幸之進さん(17)、山城晴基さん(17)、島袋一世さん(16)=同2人目から=に感謝状を贈った。

 3人は11月25日の午後7時半ごろ、帰宅途中に那覇市壷川の歩道で5歳の男の子が一人でいるところを不審に思い、声を掛けた。男の子と一緒に豊見城警察署山下交番まで行き、警察官へつないだ。警察官が保護者と連絡を取り、男の子は無事に保護者の元へ戻ることができた。

 同校を訪れ、感謝状を渡した前花署長は「男の子は不安だったに違いない。高校生の迅速に決断し行動したことで、男の子を家まで帰すことができた」とたたえた。仲本さん、山城さん、島袋さんは「迷子になっていると分かった時はビックリしたが、保護者と連絡が取れた際はホッとした。けがもなく無事に戻れたと知り、うれしかった」と話した。

 與那覇正人校長=同左端=は「機転を利かした声掛けの勇気が素晴らしい。本校の誇り」とたたえた。(翁長良勝通信員)