沖縄県国頭村と沖縄ファミリーマート(野﨑真人社長)は23日、村役場で会見を開き、村安田区の安田協同店に、同社の食料品60点を扱う自動販売機2台を設置したと発表した。24日から販売を開始する。過疎化が進み、村の中心地からも遠い安田区の利便性向上が目的で、全国初の取り組み。

安田協同店に設置した食料品を扱う自動販売機(沖縄ファミリーマート提供)

協同店への自動販売機の設置を発表した沖縄ファミリーマートの平良良勝常務(左から2人目)と知花靖村長(同3人目)、協同店の徳田泰二郎代表(同4人目)ら=23日、国頭村役場

安田協同店に設置した食料品を扱う自動販売機(沖縄ファミリーマート提供) 協同店への自動販売機の設置を発表した沖縄ファミリーマートの平良良勝常務(左から2人目)と知花靖村長(同3人目)、協同店の徳田泰二郎代表(同4人目)ら=23日、国頭村役場

■厳選した食料品60点

 自動販売機は常温とチルドの2台。同社のカップみそ汁やスナック菓子、カステラ、ベーコンなどのほか、レンジで簡単に調理できるハンバーグやエビチリ、肉団子、茶わん蒸しといったレトルトのおかず類などがそろう。

 仕入れなどの関係で協同店での取り扱いが難しい商品を、沖縄ファミリーマートの売れ筋から厳選したという。

 また、今後は区民から欲しい商品の要望があれば対応するという。さらに年間の行事に合わせて、クリスマスケーキやおせちなど、特定の時期に需要がある商品の注文を受け付け、販売することも検討していく。

■過疎地域のモデルに

 協同店の徳田泰二郎代表は、区民や観光客が昼食を買って食べる場所がないことや、仕入れの関係でニーズのある商品をそろえることが難しい状況を説明。その上で「わざわざ西海岸側まで買いに行く『ランチ難民』もいる。すぐに食べられるファミリーマートの商品を扱えることは利用者はとても助かる」と感謝した。

 知花靖村長は「村内では高齢化が進んでおり、特に独り暮らしのお年寄りが買い物弱者になっている。ほかの共同売店や県内の過疎地域のモデルになってほしい」と期待した。

 沖縄ファミリーマートの平良良勝常務は「全国でも初の取り組みで、これを成功事例としてさらに広げていきたい。安田区民にとっていいクリスマスプレゼントになればうれしい」と話した。

 区民らと親交が深い呉屋宏県議が村などの要望を受け、販売機の設置に協力した。設置費用は、地域貢献の一環として沖縄民間ピーシーアール検査機構が負担した。