【東京】沖縄県の玉城デニー知事は24日、自衛隊と米軍が台湾有事を想定した新たな日米共同作戦計画の原案を策定したとの報道について、防衛省で鬼木誠副大臣に対し詳細を明らかにするよう求めた。知事は「台湾有事によって沖縄が再び攻撃目標になるようなことがあっては決してならない」と危惧した。

自衛隊と米軍が台湾有事を想定した新たな日米共同作戦計画の原案を策定したとの報道の事実確認を求める玉城デニー知事=24日、防衛省

 知事は沖縄県軍用地転用促進・基地問題協議会(軍転協)の要請で防衛省を訪問。鬼木氏との会談の冒頭、事実関係の公表を申し入れた。

 また、米軍キャンプ・ハンセンで新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した問題を受け、感染終息まで米本国から沖縄県への軍人・軍属の移動停止などを政府として米側に働き掛けるよう求めた。