沖縄タイムス+プラス ニュース

警備費1日1700万円…沖縄防衛局「適切」と見解 高江の米軍ヘリパッド建設

2017年3月15日 08:44

 地域住民の反発が根強い沖縄県東村高江周辺の米軍ヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設事業で、約6カ月間の警備費として2社と計33億9千万円、少なくとも1日平均1775万円で契約していることについて、沖縄防衛局は14日、「必要な警備を適切な経費で行っている」と見解を示した。沖縄タイムスの質問に答えた。

米軍北部訓練場(資料写真)

 防衛局は環境の保全や施行の安全に最大限配慮しながら工事を実施していると強調。他の事業より警備費が多額という指摘には、それぞれの条件で必要な規模が異なるため、「比較できない」とした。

 警備業務とは別に、移設工事費に警備業務を追加し、契約時より増額変更したことには、工事費に含んだ警備業務と本来の警備業務で「重複する部分はない」と主張。警備内容は、安全確保を理由に回答しなかった。今後の警備費増額の可能性は「現地の状況で左右される」と答えた。

【関連】1億9千万円が11億6千万円に 高江ヘリパッド工事費、増えた理由は(2017年3月1日)

【関連】辺野古 巨額の警備費…2年半で159億円 東京2社が独占(2016年5月15日)

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS