沖縄タイムス+プラス ニュース

米空軍のオスプレイ、横田基地への配備は3年遅れ

2017年3月15日 19:22

 【平安名純代・米国特約記者】米国防総省は13日、米空軍の垂直離着陸輸送機CV22オスプレイの横田基地(東京都福生市など)への配備開始が最長で3年遅れると発表した。

空軍のオスプレイは特殊作戦部隊用で、海兵隊用とは装備に違いがある。写真は海兵隊のオスプレイ。

 同省は、遅れる理由について明らかにしていないが、米政府の予算で横田基地などで進められている配備に伴う駐機場などの整備にも遅れが生じている。

 日本に配備される同機の最初の3機の横田基地到着は、当初予定していた2017会計年度第4四半期(17年7~9月)から、20会計年度(19年10月~20年9月)にずれ込む見通し。

 日米両政府は15年5月、日本への空軍仕様のオスプレイ配備計画について、3機を17年後半に、さらに7機を21年までに配備し、計10機態勢とすると発表していた。

 横田基地では、CV22オスプレイの部隊が暫定使用する格納庫や駐機場の整備が4月に完成予定となっているものの、長期使用する駐機場や格納庫の整備の着工は18年2月以降となっているほか、同機が訓練する予定の伊江島補助飛行場の着陸帯拡張工事などにも遅れが生じている。

 CV22は空軍特殊作戦部隊用で、海兵隊のMV22オスプレイと同型機。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間