[政治決着の沖縄予算]上

 「沖縄関係予算は防戦一方だ」。2022年度政府予算案編成が本格化した11月上旬。沖縄政策に携わる政府関係者は両手を上げ、天を仰いだ。

 21年度は、安倍晋三首相(当時)が辺野古の新基地建設を受け入れた仲井真弘多知事(同)に3千億円台確保を「約束」した最後の年度だった。

 その終了で、財務省は政治が積み上げた予算の切り崩しにかかる。「約束」以前の...