沖縄県金武町の水道水から、国の暫定目標値1リットル当たり50ナノグラム(ナノは10億分の1)を超える有機フッ素化合物PFASが検出された問題で、県保健医療部は24日、沖縄防衛局を通じ在沖米海兵隊に、米軍キャンプ・ハンセンへの立ち入りを申請した。

 県職員と、金武町職員計20人を...