ぬくもりのある歌声が、そっと心のひだに触れてくる。歌詞につづられているのは古里やんばるの原風景という。記憶の一こま一こまが風にめくられていくように、美しい旋律で描かれている▼仲地脩瑛(のぶひで)さん(68)の楽曲「山原や」。発表から今年40年になる。