【東京】政府は28日、今年6月にうるま市の米陸軍貯油施設から有機フッ素化合物(PFOS・PFOA)を含む汚水が漏出した事故を巡り、国、県、米軍がそれぞれ実施したサンプリングの分析結果を公表した。

米軍立ち会いの下、消火汚水が漏れ出た貯水槽からサンプルを採水する国と県の担当者ら。調査結果で国の暫定指針値の約1600倍にあたるPFASが検出された=6月28日、うるま市・米陸軍貯油施設

 1リットル当たりのPFOSとPFOAの合計値は国8万7千ナノグラム、県8万3千ナノグラム、米軍7万5千ナノグラムだった。いずれも国の暫定指針値(50ナノグラム)を大幅に上回った。