第10回読谷村山芋スーブチャンピオン大会(主催・同実行委員会)が26日、JAおきなわ読谷集選果場であり、読谷村内の農家が育てた赤と白の山芋計141点が出品された。1株の総重量を競う「チャンピオン賞」の赤山芋の部では新垣正信さん(63)=村瀬名波=が346・8キロで、これまでの大会記録を54・2キロ更新して制した。各地区の上位5人の総重量を競う団体賞では瀬名波が1126・3キロで大会記録を185キロ更新して1位となった。

1株の総重量を競う「チャンピオン賞」赤山芋の部を大会記録で制した新垣正信さん=読谷村・JAおきなわ読谷集選果場

各部門で1位になり、優勝旗を手にする受賞者と大会関係者ら=読谷村・JAおきなわ読谷集選果場

1株の総重量を競う「チャンピオン賞」赤山芋の部を大会記録で制した新垣正信さん=読谷村・JAおきなわ読谷集選果場 各部門で1位になり、優勝旗を手にする受賞者と大会関係者ら=読谷村・JAおきなわ読谷集選果場

 新垣さんは栽培を始めて約10年。本業は重機オペレーターで「畑は趣味でやっているだけ」という。

 「昨年もらった約40キロの大きな種芋が要因だと思う。こんなに大きくて自分でもびっくり。うれしいけどでき過ぎ」と笑顔を見せ、来年も300キロを超えたいと意気込んだ。

 表彰式で、実行委の安田慶造会長は「毎年レベルが上がっている。また来年も頑張ってほしい」と激励した。

 その他の部門別入賞者は次の通り。(敬称略)

 【チャンピオン賞】赤山芋2位=安田慶造(渡慶次)、3位=知花辰樹(儀間)▽白山芋1位=知花安友(波平)、2位=照屋富成(喜名)、3位=山内真健(瀬名波)【ジャンボ賞】赤山芋=新垣勝(瀬名波)、新垣正吉(儀間)、白山芋=島袋直人(座喜味)【チュラカーギ賞】赤山芋=真栄田敏光(座喜味)、白山芋=知花安友(波平)【団体賞】2位=渡慶次、3位=儀間