【うるま】今年6月にうるま市の米陸軍貯油施設から有機フッ素化合物PFASを含む消火汚水が漏出した事故で、国などが公表した調査結果がいずれも国の暫定指針値を大きく上回ったことに、うるま市の中村正人市長は「驚くほど高い数値で、市民の不安は大きいはずだ。