琉球新報社は29日、同社編集局警察取材班キャップの男性記者(32)が、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで宜野湾署に摘発されたと発表した。男性記者の呼気からは基準値の5倍を上回るアルコールが検出されたという。

琉球新報社

 同社によると、 28日午後7時ごろから、那覇市内で取材関係者とともに飲酒。その後、宜野湾市の自宅近くの公園までタクシーで移動した。29日午前2時過ぎ、公園に駐車してあった自身の車を自宅までの約100メートル運転したところ、自宅前で警察官から「酒を飲んでいますか」との質問を受け、男性記者は「飲んでいます」と認めて、交通切符(赤切符)の交付を受けた。同日午前、男性記者が同社のデスクに報告し、発覚したという。

 今後の処分については「摘発された記者については、今後、さらに詳しい事情を調査するとともに社として厳正に処分する方針」としている。

 同社の松元剛取締役編集局長は「弊社の警察担当キャップが酒気帯び運転で摘発されました。県民、読者の皆さまの信頼を著しく損なうこととなり、深くおわび申し上げます。飲酒運転根絶を呼び掛ける報道に取り組んでいる中、高い倫理観を求められる記者職による酒気帯び運転は言語道断の行為です。社として厳正に処分します。全社員に法令順守の指導を徹底するとともに記者教育を見直し、二度とこのような事態を招かないように努めます」とコメントした。

 同社は毎週土曜の紙面で「NO!飲酒運転」とのタイトルで、1週間に飲酒運転で逮捕された人たちの性別や市町村、職業、年齢を記載するなど、飲酒運転防止に向けたキャンペーンに取り組んでいた。