百武三郎 1872年生まれ、佐賀県出身の海軍軍人。日露戦争で艦隊参謀を務め、オーストリア大使館付武官、戦艦榛名艦長、佐世保鎮守府司令長官などを歴任し、1928年、海軍大将となった。36年11月から44年8月まで侍従長を務め、昭和天皇の信頼を得...