戦略石油備蓄 米国は第1次石油危機後の1975年に備蓄を始めた。急激な価格の上昇や、紛争などによる供給不足に対応するのが目的。過去の備蓄放出では、ブッシュ政権が2005年に大型ハリケーン「カトリーナ」の上陸で石油施設が破壊された際に実施。オバ...