将棋の藤井聡太四冠(19)は2021年、大きく飛躍を遂げた。王位と棋聖を初防衛し、竜王と叡王を奪取。棋界の顔、羽生善治九段(51)を抜いて最年少で4タイトルを同時に保持した。22年は1~3月にかけて開催される王将戦7番勝負に挑戦者として出場、史上4人目の五冠獲得を目指す。