米国はカストロ政権が誕生したキューバと外交関係を断絶すると発表した。キューバが1959年の革命政権成立後、社会主義化を進め、米国系の資産を接収したことなどが要因。