「クミスクチン模様」の花に配色[琉球色物語](2) ブキ・フィグ(淡紅色) ブキとフィグは、臙脂(えんじ)に胡粉(ごふん)をまぜた淡い紅色です。二色の名前の由来に関しては、びんがた史料に語源が出てこないため色名からでは色の想像はつきません。