名護市辺野古の新基地建設で、翁長雄志知事が漁業権に関する水産庁の見解を「辺野古のための恣意(しい)的な変更」と指摘したのは、水産庁自身がこれまで示してきた見解と整合性の取れない論理で漁業権の消滅を主張したためだ。