沖縄タイムス+プラス プレミアム

【解説】翁長知事「恣意的な変更」 辺野古工事の法解釈、整合性取れない論理

2017年3月17日 16:42有料

 名護市辺野古の新基地建設で、翁長雄志知事が漁業権に関する水産庁の見解を「辺野古のための恣意(しい)的な変更」と指摘したのは、水産庁自身がこれまで示してきた見解と整合性の取れない論理で漁業権の消滅を主張したためだ。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間