新春 TOP INTERVIEW 2022

 沖縄経済の第一線で活躍する企業・団体の経営者に、新たな年を迎えるにあたっての抱負や展望、変化の激しい時代を見据えた今後の事業展開、地域貢献への思いなどをうかがいました。

新城一史氏 沖縄海邦銀行頭取

 -2021年を振り返って。

 昨年に続き、新型コロナウイルスの影響を強く受けた年でした。緊急事態宣言の延長などで行動制限があり、当行の営業スタイルである「足の銀行」としての活動が思うようにいかず、お客さまからの情報を取得するというビジネスの基本ができない状況でした。財務などの目標は達成しましたが、プロセスが伴わない側面もありました。

 -頭取にも就任した。

 お披露目の場も開けませんでした。残念でしたが、身動きできなかった分、1人でじっくり考え、課題と向き合いながら構想を練る時間が持てたことはかえって良かったのかもしれません。緊急事態宣言が解除されてからは、お客さまへの訪問活動を重点的に取り組みました。

 -事業者支援にどう取り組むか。 

 これまでは、コロナ禍の事業者の資金繰り支援に取り組んできました。いまは本業支援に取り組んでいる最中です。今後「アフターコロナ」ではなく「ウィズコロナ」として、共存していくという前提で、事業者支援をしていく必要があると考えています。

 当行の融資先は、個人より法人のお客さまが多くなっています。法人といっても、事業はさまざまであるため、支援方法はオーダーメードになると考えます。22年度からは組織体制を法人部門とリテール部門に分け、それぞれ深度ある顧客サービスを提供していきます。また、サービスの低下を招かないよう人材育成にも注力します。

 -人材育成の内容は。      

 若手行員を中心とした「チーム・ビヨンド・ザ・バンク(TBB)」を以前から立ち上げており、銀行を超えた新たな取り組みに挑戦してきました。昨年は、県内民間企業に行員を派遣し、実際に企業で働くことで、経営者のビジョンや販路拡大の難しさなどを把握するという取り組みを行っています。また行員の事業性評価の能力向上のために、一昨年ごろから、本部で集中的に半年程度の研修を実施するなど、人材育成の取り組みを強化しています。

 -脱炭素化社会への取り組みは。 

 銀行を取り巻く環境は厳しい状況にあります。地域に根ざしたサービスを展開するためには、いかにトップラインの売り上げを上げて、利益につなげるかが課題となります。営業スタイルを変えることなく、地域金融機関の使命を果たしていきます。脱炭素化社会の実現に向けては、例えば、環境に配慮した住宅などへのローン金利の低減など、商品開発を進めていく予定です。

 -22年の抱負を。        

 復帰50周年の年でもあり、本格的な回復に向かうだろうと期待しています。事業者の足元の相談にも応えていきますが、5年後、10年後といった未来を見据えて事業者とともに考え支援を展開していきたいと考えています。22年4月からは第17次中期経営計画もスタートします。インフラとなる基盤が整ったので、今後は組織改編を含めて、ソフト面での支援や機能の充実に努めていきたいと考えています。

 しんじょう・かずふみ 1963年生まれ、那覇市出身。明治大学法学部卒、90年に沖縄海邦銀行へ入行。審査部長や総合企画部長などを経て、2018年取締役に就任、20年に常務へ昇格。21年6月から現職。


人柄に迫る3つのパーソナルクエスチョン

  1. 座右の銘や好きな言葉:凡事徹底/チャレンジなくして成功なし
  2. いま夢中になっていること:ゴルフ
  3. 休日の過ごし方:ゴルフか家庭でのDIY。ガーデニングなども好き