新春 TOP INTERVIEW 2022

 沖縄経済の第一線で活躍する企業・団体の経営者に、新たな年を迎えるにあたっての抱負や展望、変化の激しい時代を見据えた今後の事業展開、地域貢献への思いなどをうかがいました。

沖縄債権回収サービスの宮城博社長

 -コロナ下での業界の動向は。  

 サービサー業界では、金融円滑化法の余波を受け、金融機関等のオフバランスマインドが低下する中、政府によるコロナ関連の企業支援も相まって、取扱債権は減少し、経営環境は厳しい状況が続いています。しかし今後は潜在的な不良債権が顕在化すると思われ、サービサーのニーズは高まると考えています。そのような中で、サービサー各社とも独自の強みを活かした取り組みがなされています。当社においては、これまでの債権管理回収に関するノウハウの蓄積による事業の深掘りとそれらのノウハウを活かしたソリューションビジネスを展開しています。

 -21年度の業績見通しは。    

 取扱高は取引先への企画提案営業の強化、他社サービサーへの営業アプローチやソリューションビジネス部と営業部の連携による案件の獲得強化により、目標を達成する見込みです。債権管理回収事業は、新規取扱債権とこれまでのストック資産の掘り起こしにより前年度を上回る実績を確保できる見込みです。近年強化しているソリューション事業は順調に相談案件が増加しており、前年並みの実績が見込まれます。

 -中小企業支援の取り組みは。  

 ソリューションビジネスの展開として事業再生、経営改善計画策定、M&A・事業承継、不動産ソリューションに取り組んでおり、昨年は中小企業支援として、ニーズの高いM&A・事業承継に力を入れて取り組みました。県内金融機関とも包括連携契約を締結し、悩みや課題を抱えたお客さまへ金融機関の担当者と同行訪問し、M&Aや再生支援の提案を行っています。

 -人材育成の取り組みについて。 

 創業以来、人材育成を最大の経営マターと位置づけ注力しています。サービシング業務、ソリューションビジネスには、高度な専門的知識が必要とされるため、専門家育成3か年計画を立て、弁護士、税理士、中小企業診断士、社会保険労務士等の資格取得を全面的に支援しています。それらの専門的知識を活かしてお客さまの悩みや課題の相談にワンストップで解決できる体制を目指しています。

 -働き方改革の取り組みは。   

 働き方改革と生産性向上は一体だという考えで取り組んでいます。働き方改革は従業員満足度を高めるため、月一回のスーパープレミアムフライデー(午後休暇)の継続や在宅勤務、時差勤務、健康支援などを行っています。生産性向上では、定型業務を自動化する「RPA」を導入し、事務業務の効率化を図っています。

 -22年の抱負を。        

 創立20周年で刷新した企業理念の浸透を念頭に、未来の社員に事業を残し、継続発展する企業を目指した「おきなわサービサーコーポレートサステナビリティー」を発表し、実践していきたいと考えています。現事業の深掘りと同時に新たな関連事業分野にも目を向け、会社も社員も共に成長できる発展企業を目指します。

 みやぎ・ひろし 1972年生まれ、那覇市出身。琉球大学卒業後、2001年沖縄債権回収サービス入社。取締役営業部長、常務取締役を経て、17年6月より現職。


人柄に迫る3つのパーソナルクエスチョン

  1. 座右の銘や好きな言葉:艱難汝を玉にす、利他の精神
  2. いま夢中になっていること:健康ダイエット、韓ドラ
  3. 休日の過ごし方:サイクリング、チェアリング、読書、卓球