山口県下関市の南風泊仮設市場で4日未明、新春恒例のフグの初競りがあり、天然や養殖のトラフグ計約5.6トンが出荷された。1キロ当たりの最高値は1万7千円。新型コロナウイルス禍で消費が減った昨年を2千円上回ったが、2020年初競りの2万円には届かなかった。